コエンザイムQ10の効果 > コエンザイムQ10の副作用

コエンザイムQ10の副作用

コエンザイムQ10は心臓に効果があるということで心臓のお薬としても使用されてきました。

最近よく見かけるサプリメントについてはお薬ではないので効果や効能は記載されていませんが、心臓のお薬として使用されていたということは、なにか服用することによって副作用がでてしまうのではないか?と思う方もいるかもしれません。

お薬には必ず副作用が伴いますよね。

コエンザイムQ10で綺麗になろうと思っていても副作用があるのであれば、なるべく服用や使用したくないという人もいるかもしれません。

でも安心してください。

コエンザイムQ10はもともと私たちの体の中で合成されるものですので、今のところ副作用は報告されていないようですよ。

もちろん過剰に摂取するなどサプリメントであれば規定の量を必ず守って服用しなければなりません。

過剰摂取をしてはいけないのはなにもコエンザイムQ10に限らず何でもそうですよね。

では一日どのくらいの摂取量を継続していけばよいでしょうか。

目安としては30ミリ~60ミリグラムとのことです。

サプリメントなどで摂取するのであればご自身の体調によって調整すると良いでしょう。

また、お医者様にかかっている人や、ほかの薬などを飲んでいる人などは念のためお医者様や専門の方に相談して摂取しても良いか確認したほうが良いと思います。
食べ合わせによって体調が優れなくなってしまうことがあるように、摂取するものも飲み合わせというのがあります。
気になる人は相談してみてください。